テーマ:プレーヤー

シアトル・マリナーズ 2016 「前半81ゲーム終了、ASGまで8ゲーム」

シアトル・マリナーズは7月2日(日本時間3日)のボルティモア・オリオールズ戦を12-6で大勝し、シリーズを3連勝としました。 このシリーズは4連戦なのでもう1ゲームありますが、東地区首位でマリナーズと当たる前は6連勝中だったオリオールズをいづれも圧倒して勝っているので6月の低迷からは抜け出したような感じです。 6月の不調は何だったの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シアトル・マリナーズ 2016 「10ゲーム差どうなの?」

シアトル・マリナーズは、現地6月25日のインターリーグ、対セントルイス・カージナルス第2戦をクローザーのシーシェックがランナーを一人出したものの、5-4の1点差で逃げ切り連勝です。  1球も投げずにDL入りしたサンプソンやピッチャー不足でタコマ行きになった青木をみて大丈夫なの?と思ってましたが、まずは一安心です。 久々の長打なしでの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NBAファイナル2016大予想④ 「最後の決戦」

NBAファイナルは3勝3敗のタイで、現地6月20日(日本時間21日)、第7戦の1ゲームでNBAチャンピオンが決定します。 まさか第4戦を終わった時点ではキャブスが5戦と6戦を連勝するとは思ってもいませんでした。ホームでは圧倒的に強いウォリアーズが3勝1敗で王手をかけ、ホームのオラクル・アリーナでてっきり決めてしまうものだと思っていまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シアトル・マリナーズ 2016 「前半戦、首位に5ゲーム以内へ」

シアトル・マリナーズは、6月16日(現地時間)のタンバベイ・レイズ3連戦の3戦目に6-4で勝ち、スウィープを免れるとともに、何とか連敗を4で止めました。 マリナーズ ファンとしてはホッと一息です。 ツインズといいレイズといい地区最下位のチームに何で勝てないんでしょうか? 1戦2戦といやな負け方だっただけに、このままズルズルといって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NBAファイナル2016大予想③ 「4戦を戦い終わって、さて勝つのは?」

NBAファイナルは現地6月10日にクリーブランドのクイッケン・ローンズ・アリーナで第4戦が行われました。 ゴールデンステート・ウォリアーズが第4Qの序盤に点差を広げ、108-97で勝利しました。 これでウォリアーズの3勝1敗と王手をかけ、第5戦はウォリアーズのホーム、オラクル・アリーナへと移ります。 第4戦は、1勝2敗で負ければ王…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

シアトル・マリナーズ2016 「ここまでの成績を考察する」

シアトル・マリナーズは6月9日(日本時間)のクリーブランド・インディアンズ4連戦の第3戦をタイワン・ウォーカーとニック・ヴィンセントの継投で、5-0と快勝しました。 ウォーカーは5月から6連敗でしたが、今日の8回3安打11三振の好投で、悩みの一発病での本塁打もなく、何かつかめたのではないでしょうか? そしてもう一人のヒーロー、クリス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NBAファイナル2016大予想 ② 「ファイナル第2戦を観て 」

NBAファイナル2016、ゴールデンステート・ウォリアーズとクリーブランド・キャバリアーズの第2戦を観たところ連覇は固いなと思いました。 110-77のウォリアーズ完勝のゲームでした。 第1戦のベンチメンバーの活躍に続き2戦目もカリー、トンプソンの“スプラッシュ・ブラザース“よりドレイモンド・グリーンの目立った活躍での勝利、そしてま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シアトル・マリナーズ2016 「打線スゴすぎ!10点差を逆転なんて!」

いったいどうしたんでしょうか?マリナーズ打線のスゴイこと。 投手力のはずのチームが、打線が爆発しています。 現地6月2日の対サンディエゴ・パドレス戦4連戦の最終戦。5回までの10点差をひっくり返して16-13で逆転勝ちしました。 点数もフットボールみたいな点数ですが、10点のビハインドを6回5点と7回9点の2イニングでひっくり返す…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

NBAプレイオフ大予想Ⅶ 「NBAファイナル」

さぁ!、NBAの2016ファイナルが始まります。 予想していた通りの東西第1シード同士の組み合わせ、ゴールデンステート・ウォリアーズとクリーブランド・キャバリアーズ 昨年のファイナルのリマッチです。 日本時間6月3日、ウォリアーズのホーム、カリフォルニア州オークランドのオラクル・アリーナから第1戦が始まります。 サンアントニオ・ス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NBAプレイオフ大予想Ⅵ 「ウォリアーズvs.サンダー第7戦へ」

やっぱりウォリアーズは伊達に73勝したチームではありませんでしたね! スゴイです。逆転勝ちに鳥肌が立ちました。 日本時間5月29日にゴールデンステート・ウォリアーズとオクラホマシティ・サンダーの第6戦がサンダーのホーム、チェサピーク・エナジー・アリーナで行われました。 ウォリアーズにとっては、2勝3敗で王手をかけられた負ければ終わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イチローまたベンチからの出場?3000本安打黄色信号?

イチロー選手が所属するマイマミ・マーリンズは現在(日本時間5月27日)、25勝22敗でナショナル・リーグ東地区の4位に位置しています。 首位のワシントン・ナショナルズから3.5ゲーム差です。 チームは昨年から見るとまずまずの闘いをしていますが、いかんせん、上にいるナショナルズと昨年のナ・リーグ チャンピオン、ニューヨーク・メッツが同…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NBAプレイオフ大予想Ⅴ 「ファイナルの組み合わせは意外なカード?」

いやー、わからないものですねー。 番狂わせの予感がします。 NBAプレイオフ カンファレンス・ファイナルは、東西第4戦まで進み、イーストのキャブスとラプターズが2勝2敗のタイ。そしてウェストは予想もしていない1勝3敗でウォリアーズがサンダーに王手をかけられました。 キャブスvs.ラプターズは1、2戦をキャブスが連勝でプレイオフ10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シアトル・マリナーズ2016 「首位対決を勝ち越し、2003年以来の好成績」

シアトル・マリナーズがア・リーグ東地区首位のボルティモア・オリオールズ3連戦に勝ち越しました。 どうしてかマリナーズは、ホーム(8勝10敗)よりアウェイ(15勝7敗)でのゲームに強いです。 現地5月19日現在、40試合を消化して、23勝17敗堂々のア・リーグ西地区1位をキープしています。2位のテキサス・レンジャースに1.5ゲームの差…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NBAプレイオフ大予想Ⅳ 「東カンファレンス・ファイナル」

イーストのカンファレンス・ファイナルがスタートしました。 組み合わせは クリーブランド・キャバリアーズ      vs. トロント・ラプターズ ですが、キャブスは昨年からの連続出場で、ラプターズは初めてのカンファレンス・ファイナルです。 キャブスはガチガチのイースト大本命、ラプターズは意外なファイナル進出でした。 確かにラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NBAプレイオフ大予想Ⅲ 「ウォリアーズvs.サンダー」

いよいよNBAプレイオフもカンファレンス・ファイナルに進んでいきます。 5月15日現在組み合わせは、次の通りとなりました。 WEST     ゴールデンステート・ウォリアーズ(西1シード)             vs     オクラホマシティ・サンダー(西3シード) EAST     クリーブランド・キャバリアー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NBAプレイオフ大予想Ⅱ 「 最後までわからない スパーズvs.サンダー 」

NBAプレイオフ カンファレンス・セミファイナルは現地5月10日サンアントニオ・スパーズとオクラホマシティ・サンダーの第5戦の1ゲームだけがありました。 スパーズのホーム、AT&Tセンターでのゲームだったので、大方の予想はスパーズ勝利だったのでしょうが、最後には接戦の展開になり、95-91で敵地でサンダーが勝利しました。 やっぱりミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シアトル・マリナーズ2016 「はや4敗目 なかなか勝てないKUMA」

現地5月8日のマザーズ・デー、対ヒューストン・アストロズ戦にマリナーズの岩隈選手が登板しました。 なんか今年はかなりピンクピンクしていたようです。 岩隈は前回のオークランド・アスレチックス戦にやっと今季初勝利を挙げ、チームが好調ということもあってこれから波に乗れるかと思っていましたが、5回7安打3失点で降板、打線が振るわず、4敗目が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シアトル・マリナーズ 2016 「この強さ本物?」

シアトル・マリナーズが現地5月5日からのヒューストン・アストロズ4連戦の第1戦を6-3で勝利しました。4連勝です。 前日のオークランド・アスレチックス戦の逆転勝ちに続き、このゲームも7回に逆転し、その裏追いつかれ3-3になりましたが、9回満塁からロビンソン・カノーがタルズヒルの達する走者一掃3点タイムリー2塁打を放ち勝ち越し、あとはシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シアトル・マリナーズ 2016 「おめでとう 岩隈今季初勝利」

シアトル・マリナーズは現地5月3日のオークランド・アスレティックス3連戦の第2戦を勝利し、アスレチックス戦連勝です。 となりのオラクル・アリーナはウォリアーズのプレイオフで満員のファンがヒートアップしていますが、ここはガラガラです(笑)。 このゲームは、なんといっても岩隈久志選手が今季初勝利を挙げたことです。 ようやくの待って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more