テーマ:シアトル・マリナーズ

シアトル・マリナーズ2016 「この敗戦は痛い!後半戦はどうなる?」

シアトル・マリナーズは、現地7月7日のカンサスシティ・ロイヤルズとの4連戦の初戦のゲームを逆転サヨナラ負けで落としました。 ヒューストン・アストロズ3連戦が3連敗だっただけに勝たなければいけないゲームで、しかも9割方勝っていたゲームでした。 ゲームは、8回表にネルソン・クルーズの本塁打で3-0。今日のパクストンは球数が少なく、完投も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シアトル・マリナーズ 2016 「前半81ゲーム終了、ASGまで8ゲーム」

シアトル・マリナーズは7月2日(日本時間3日)のボルティモア・オリオールズ戦を12-6で大勝し、シリーズを3連勝としました。 このシリーズは4連戦なのでもう1ゲームありますが、東地区首位でマリナーズと当たる前は6連勝中だったオリオールズをいづれも圧倒して勝っているので6月の低迷からは抜け出したような感じです。 6月の不調は何だったの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シアトル・マリナーズ 2016 「10ゲーム差どうなの?」

シアトル・マリナーズは、現地6月25日のインターリーグ、対セントルイス・カージナルス第2戦をクローザーのシーシェックがランナーを一人出したものの、5-4の1点差で逃げ切り連勝です。  1球も投げずにDL入りしたサンプソンやピッチャー不足でタコマ行きになった青木をみて大丈夫なの?と思ってましたが、まずは一安心です。 久々の長打なしでの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シアトル・マリナーズ2016 「今シーズンも結局、定位置?」

シアトル・マリナーズは6月22日(現地)のデトロイト・タイガースに岩隈が先発しましたが、ゲームは1-5の完敗。これで5連敗です。 6月は6勝15敗といままでの貯金を全部はたいてしまい、36勝36敗の勝率5割、明日負けると借金を作ってしまいます。一気に失速してしまいました。 西地区首位のテキサス・レンジャースに10.5ゲーム引き離され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シアトル・マリナーズ 2016 「前半戦、首位に5ゲーム以内へ」

シアトル・マリナーズは、6月16日(現地時間)のタンバベイ・レイズ3連戦の3戦目に6-4で勝ち、スウィープを免れるとともに、何とか連敗を4で止めました。 マリナーズ ファンとしてはホッと一息です。 ツインズといいレイズといい地区最下位のチームに何で勝てないんでしょうか? 1戦2戦といやな負け方だっただけに、このままズルズルといって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シアトル・マリナーズ2016 「ここまでの成績を考察する」

シアトル・マリナーズは6月9日(日本時間)のクリーブランド・インディアンズ4連戦の第3戦をタイワン・ウォーカーとニック・ヴィンセントの継投で、5-0と快勝しました。 ウォーカーは5月から6連敗でしたが、今日の8回3安打11三振の好投で、悩みの一発病での本塁打もなく、何かつかめたのではないでしょうか? そしてもう一人のヒーロー、クリス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シアトル・マリナーズ2016 「打線スゴすぎ!10点差を逆転なんて!」

いったいどうしたんでしょうか?マリナーズ打線のスゴイこと。 投手力のはずのチームが、打線が爆発しています。 現地6月2日の対サンディエゴ・パドレス戦4連戦の最終戦。5回までの10点差をひっくり返して16-13で逆転勝ちしました。 点数もフットボールみたいな点数ですが、10点のビハインドを6回5点と7回9点の2イニングでひっくり返す…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

シアトル・マリナーズ2016 「首位対決を勝ち越し、2003年以来の好成績」

シアトル・マリナーズがア・リーグ東地区首位のボルティモア・オリオールズ3連戦に勝ち越しました。 どうしてかマリナーズは、ホーム(8勝10敗)よりアウェイ(15勝7敗)でのゲームに強いです。 現地5月19日現在、40試合を消化して、23勝17敗堂々のア・リーグ西地区1位をキープしています。2位のテキサス・レンジャースに1.5ゲームの差…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シアトル・マリナーズ2016 「はや4敗目 なかなか勝てないKUMA」

現地5月8日のマザーズ・デー、対ヒューストン・アストロズ戦にマリナーズの岩隈選手が登板しました。 なんか今年はかなりピンクピンクしていたようです。 岩隈は前回のオークランド・アスレチックス戦にやっと今季初勝利を挙げ、チームが好調ということもあってこれから波に乗れるかと思っていましたが、5回7安打3失点で降板、打線が振るわず、4敗目が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シアトル・マリナーズ 2016 「この強さ本物?」

シアトル・マリナーズが現地5月5日からのヒューストン・アストロズ4連戦の第1戦を6-3で勝利しました。4連勝です。 前日のオークランド・アスレチックス戦の逆転勝ちに続き、このゲームも7回に逆転し、その裏追いつかれ3-3になりましたが、9回満塁からロビンソン・カノーがタルズヒルの達する走者一掃3点タイムリー2塁打を放ち勝ち越し、あとはシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シアトル・マリナーズ 2016 「おめでとう 岩隈今季初勝利」

シアトル・マリナーズは現地5月3日のオークランド・アスレティックス3連戦の第2戦を勝利し、アスレチックス戦連勝です。 となりのオラクル・アリーナはウォリアーズのプレイオフで満員のファンがヒートアップしていますが、ここはガラガラです(笑)。 このゲームは、なんといっても岩隈久志選手が今季初勝利を挙げたことです。 ようやくの待って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シアトル・マリナーズ2016「5カード連続の勝ち越し」

シアトル・マリナーズは5月1日(日本時間2日)にカンサスシティ・ロイヤルズ3連戦の第3戦を終えました。残念ながら1-4の黒星でロイヤルズ戦のスウィープはなりませんでした。 ロイヤルズとの第3戦は調子のいいタイワン・ウォーカーだったので、7回を1失点くらい期待していましたが、この日は5回を7安打4失点ではダメです。先制点を許し、打線も3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シアトル・マリナーズ 2016  ~今シーズンのマリナーズは違う?~

現地4月26日対ヒューストン・アストロズ戦に勝利し、ホームで連勝し、4カード連続の勝ち越しです。25日のゲームは少ない安打で取った得点を守り切り1点差勝利。26日は大量点での快勝。マリナーズは今シーズン11勝9敗で貯金が何と2つとなりました。 ここまでア・リーグ西地区首位に立っています。4月はあとアストロズと1ゲーム、その後カンサスシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シアトル・マリナーズ 2016

シアトル・マリナーズは7ゲームを消化しました。 スタートは、ちょっと期待外れの2勝5敗です。 4月7日のテキサス・レンジャース戦は3-7と完敗でした。 ホーム、セーフコ・フィールドで、オークランド・アスレティックスにまさかの3連敗スウィープ。そして、今日のレンジャースの負けでまだホームでは1つも勝っていない4連敗です。 開幕から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マリナーズ ホーム開幕戦

シアトル・マリナーズの2016年シーズン、シアトルのセーフコ・フィールドでホーム開幕戦がありました。 相手はオークランド・アスレティックスです。 レギュラーシーズン新記録の47,065人の大観衆(今までは2004年対ニューヨーク・ヤンキース戦の46,596人)が詰めかけました。が、ホーム開幕戦を2-3で敗れ、勝利で飾ることはできませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マリナーズGame2 勝利!岩隈勝敗つかず。

アーリントンのグローブ・ライフ・パークでの対テキサス・レンジャース戦GAME2はマリナーズが岩隈、レンジャースはマーティン・ペレスの先発で行われました。 終盤の大量点でマリナーズが10-2で勝利しました。 前日のストレスを感じるような敗戦を振り払うかのような8回のたたみかける攻撃は気持ちのいいものでした。(レンジャースのファンの方す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マリナーズ開幕初戦。ワンチャンスで負け。

4月4日シアトル・マリナーズの今シーズンがスタートしました。 マリナーズの開幕戦は2-3の敗戦でのスタートとなりました。 開幕戦、エースの“キング”フェリックス・ヘルナンデスが9年連続の開幕投手を務め、相手のテキサス・レンジャースは、コール・ハメルズ。投手戦の予想でした。 蓋を開けてみると、2-3のロースコアではありますが、両軍合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2016年シアトル・マリナーズはどうなる?

MLBは2016年シーズンのスプリング・キャンプがスタートして1ヶ月が過ぎ、4月のオープニングまで25人枠をめぐりレギュラー以外のボーダーラインプレーヤーは生き残りを掛けて熾烈な戦いをしています。 シアトル・マリナーズは、ジェリー・ディポト新GMとスコット・サーヴァイス新監督体制で2016年シーズンがスタートしました。 2015…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シアトル・マリナーズ 2015シーズン総括①「9月最強、前半戦勝率5割ならば・・・」

シアトル・マリナーズの2015年シーズンも残すところあと14ゲームとなりました。 9月18日、148ゲームを終えたところで72勝76敗の借金4という成績です。 ポストシーズン進出はほぼ絶望です。ワイルドカード争いが混戦模様なので、86勝ラインでOKのような気がします。仮に86勝なら残り全勝しなければならないので、絶対ないとは言いませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シアトル・マリナーズ ポストシーズンへの道 vol.30最終回「第137ゲームの今さら5連勝」

シアトル・マリナーズは、現地9月7日の第138ゲーム、テキサス・レンジャース4連戦の第1戦を0-3で落としてしまいました。 それで現地9月7日現在、マリナーズは66勝72敗。残りは24ゲーム。ワイルドカード第2位のテキサス・レンジャースとは7ゲームの差と開きました。 前日のオークランド・アスレティックス戦に3-2と勝利し、アスレチッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シアトル・マリナーズ ポストシーズンへの道 vol.29 「残り32ゲーム」

シアトル・マリナーズの2015シーズンは130試合を消化しました。 今日の29日のシカゴ・ホワイトソックス戦は岩隈の先発でした。先日のアスレティックス戦の登板が逆転負けの負け星だったので何とか勝ちたかったゲームでした。 雨の降るゲームだったので、その影響か制球が悪く、6回途中で降板しましたが、4四球でフルカウントになる場面も結構あっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シアトル・マリナーズ ポストシーズンへの道vol.28「第118ゲーム。ワイルドカード可能性は?」

シアトル・マリナーズは8月16日のデー・ゲーム対ボストン・レッドソックス戦に延長12回表2点を挙げ、10-8でなんとか勝利しました。 9回カーソン・スミスが乱調で、2点リードを守り切れず、満塁からポテンヒットで同点にされ、2塁走者デビッド・オルティーズがホームでアウトにならなければサヨナラ負けのところでした。 足の遅いオルティーズだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩隈選手ノーヒッターおめでとう!

シアトル・マリナーズの“The Bear”こと岩隈久志選手が現地8月12日のボルティモア・オリオールズ戦で、ノーヒットノーランを達成しました。 今シーズン、フィラデルフィア・フィリーズ在籍時のコール・ハメルズに次いで4人目となります。 いやー!素晴らしい! 自身初の完投がノーヒッターで、9回を116球、3四死球、7奪三振、もちろん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ありがとう!ジェイミー・モイヤー。9人目のマリナーズ殿堂入り。

シアトル・マリナーズの元エース左腕ピッチャーだったジェイミー・モイヤー氏が9人目のマリナーズ殿堂入りをいたしました。現地2015年8月8日セーフコでのテキサス・レンジャース戦前にセレモニーが行われます。また、当日先着20,000名のファンにモイヤー氏のボッブルヘッド人形が配られます。 本当におめでとうございます。 マリナーズのチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カテル・マーテ デビュー

シアトル・マリナーズは8月1日のミネソタ・ツインズ戦を9回逆転サヨナラ負けのスコア2-3で落とし、47勝58敗としました。クローザーのカーソン・スミスが9回2死3塁からロサリオを敬遠して1、3塁。次打者カート・スズキの時にワイルドピッチで同点にされ、スズキのタイムリーヒットで2塁ランナーが帰り、逆転サヨナラ負けです。1点を守り切れず、ワ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グッドラック!ダスティン・アクリー!第二のティノ・マルティネスになれ!

シアトル・マリナーズのダスティン・アクリーがプロスペクト2選手(ラモン・フローレス外野手・ホセ・ラミレス投手)とのトレードでニューヨーク・ヤンキースへ移籍することになりました。 驚きましたが、ある意味予想されていた部分はありますが、入団時の期待からすると非常に残念な思いがします。 アクリーは、2009年のアマチュア・ドラフトでナショ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シアトル・マリナーズ ポストシーズンへの道vol.28「第100ゲーム」

マリナーズは、7月27日インターリーグのアリゾナ・ダイアモンドバックス戦を延長10回3-4で落としました。今シーズン100ゲーム目で46勝54敗となりました。 全く借金が減ることがありません。 9回裏にツーアウト1塁3塁からマイク・ズニーノのタイムリーヒットで同点に追いつきました。 D-バックスのピッチャーは2013年までマリナー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シアトル・マリナーズ ポストシーズンへの道vol.27「第98ゲームにて」

シアトル・マリナーズが第98ゲームを6-8の逆転負けで落とし、45勝53敗としました。 これで、今シーズンのポストシーズン進出はほぼなくなったといっていいでしょう。 ポストシーズン進出ラインを88勝が必要とみていますが、残り64ゲームを43勝21敗のハイアベレージでいかなければいけないのは難しいからです。 後半戦4勝4敗で、5月2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シアトル・マリナーズ ポストシーズンへの道vol.26「首の皮1枚」

シアトル・マリナーズは、デトロイトのコメリカパークでの7月21日のゲームを11-9の大味な内容で勝利しました。 このゲーム、負けたらほぼポストシーズンへ進出は難しいだろうと思っていたゲームでしたが、何とか逆転で勝ちを拾い、望みを繋ぎました。 試合は8回にセス・スミスが敬遠の四球で満塁の場面に、代打のフランクリン・グティエレスが右方向…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シアトル・マリナーズ ポストシーズンへの道 vol.25「これで終戦では?レッドタイマー点滅」

シアトル・マリナーズは、シンシナティのオールスターゲーム後の後半戦最初のシリーズ、ニューヨーク・ヤンキースとの3連戦の第3戦を1-2のスコアで落とし、後半戦1勝2敗のスタートとなりました。 今シーズンの成績は、42勝50敗で、借金は8と後退し、しかもア・リーグ西地区でオークランド・アスレティックスと並び4位タイとなってしまいました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more