ウォーカーとジャクソン

シアトル・マリナーズの3月19日のエキシビジョン・ゲーム(オープン戦)、対クリーブランド・インディアンズ戦で昨年のトッププロスペクト、タイワン・ウォーカーが先発しました。
オープン戦4試合目の登板になります。
95から96マイル以上の速球をビシビシ投げていました。特に高めの速球に空振りしているインディアンズの打者が目立っていたようです。
また落差のあるたてのカーブとチェンジアップの切れも良かったです。
今日は、四球を2、被安打2でしたが、三振を5つ奪う今日も安定した投球でした。
これで、4試合登板で、1勝0敗、投球回12イニング、無失点、13奪三振、被安打4、与四球3と絶好調です。
次は26日のブリュワーズ戦かロイアルズ戦での登板かと思います。
そこでも安定した投球が見られるようでしたら、開幕ベンチ入りの5番手のスターターかもしれません。
楽しみです。

それと、インディアンズ戦で、2015年のトッププロスペクトのアレックス・ジャクソンがオープン戦で途中からですが、初登場しました。
初打席の6回にインディアンズのピッチャー、TJ.ハウスからレフト前へシングルヒットを放ちました。2打席目は三振でしたが、上々のデビューです。 2打数1安打1得点と将来の可能性を思わせるスタートです。
ジャクソンはまだ19歳なので、マイナーからのスタートですが、今シーズンはないでしょうが、来年にはメジャーデビューがありそうです。

将来を背負って立つ2選手に触れてみました。

画像
2013 Bowman Chrome Prospect Autos #TW
Taijuan Walker RC Rookie Card

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック